英語のレジュメ入門

英語のレジュメ入門

eResumeとは

eResumeの注意点

eResumeで英語のレジュメを作成していくとき、そしてファイル形式を他の形式に変えようと思うときに気をつけるべき点についてお伝えします。まず英語の履歴書作成ツールにおいて、レジュメを書いてから、それをテキスト形式でも保存できますし、他にもHTMLフォーマットで作成して保存することも可能です。

また、ほかにもシンプルテキストというファイル形式で保存することによって、それをそのままメールによって送信することも可能です。ワープロソフトによって英語のレジュメを作成しているのであれば、そこから他のフォーマットに変更する場合にはたくさんの注意する点があります。

まず、シンプルテキストに書き換えようとしたときであれば、まずはワードによって書いたファイルを開いてから、できればワードソフトについているスペルチェックによってしっかりとチェックをしてから、保存するときには必ずテキストのみのチェックをして保存しておくようにしましょう。またその際に、タブが入っているような場合であれば、それらが全て消えてしまうので注意しなくてはなりません。

そして、ファイルをHTMLファイルに書き換えていきたい場合であれば、注意点としてはHTMLdocumentという機能を使ってレジュメを保存しなくてはなりません。

そしてそこから編集をしたいという場合であれば、InternetExploreなどに元から付随している機能であるFrontPageExpressといったツールを利用すると、一度保存したレジュメファイル文章をあとから変更をすることが可能になります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 英語のレジュメ入門 All Rights Reserved