英語のレジュメ入門

英語のレジュメ入門

eResumeのサービス

英文履歴書作成その二

前回ではeResumeのサービスの英語のレジュメ作成サービスがどのようなものかについて説明しました。ここではもう少し詳しく説明していきたいと思います。

日本人ライターとネイティブライターが作成した原稿に対しての質問であったり、もしくは修正リクエストなどは全て対応可能で、しかも無料での対応となっています。それらの修正リクエストの対応をした後の原稿が納品原稿として最終的に納品してもらえます。

イーレジュメのレジュメ作成サービスでは、そのフォーマットとして選択しているのはコンビネーションレジュメになっています。これはなぜかというと、自分をアピールしていく中で一番大事になってくる経験やスキルなどが最初に来るような書式であるからです。

雇用主からするとレジュメから得たい情報というのは、この応募者はどういったことができて、どのような貢献をすることができるかです。ですのでこれらを一番アピールすることができるような書き方なのです。ですので応募職に関係してくるような自分が持っている長所、今までの業績などといった情報を、eResumeに依頼するときに記載して依頼するようにしましょう。そのときは日本語でレジュメ作成用フォームに情報を全て書き込んで依頼するようにしてください。

英文履歴書の中で技能業績が一番大切で、その次に職務と業績についてが重視されます。そして業績はどうしても一番気になる部分ですので、しっかりと自分をアピールできるようなレジュメにしてもらいましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 英語のレジュメ入門 All Rights Reserved