英語のレジュメ入門

英語のレジュメ入門

英語のレジュメ基礎知識

レジュメスタイルその二

ここでは英語のレジュメを作るときにどのようなスタイルがあるか、その説明をしていきたいと思います。スタイルとしてはファンクショナルレジュメというスタイルがあり、これは特定の専門知識であったり、その職業に関しての能力のアピールを目的としたレジュメのスタイルになっています。

希望職種に対して必要となってくる専門知識であったり、必要とされる職務能力、そして今までの実績などをアピールしていくようなまとめ方をするのがコツになります。

経歴であったり、前の職場のネームバリューなどにこだわったりすることをしないで、自分の強みを前面に出すことができるのですが、逆に言うと中途半端な情報を記載した場合であれば即座に選考漏れするということも考えることができるというデメリットも抱えています。

今までにさまざまな経験をしていて、それを踏まえたうえで新分野に対しての転職を希望していくような場合であったり、もしくは転職を何度もしていたり職歴にブランクが存在している場合には有効な方法になります。

次にクロノ、ファンクショナルレジュメという方法があります。これは前述した2つのスタイルの内容の間を取ったようなスタイルになっています。このスタイルで記載されたレジュメというのが有効となってくるのは、希望している職種での経験がある程度存在していて、さらにその職種に対しての専門的な技術、資格、そして知識があるというような求職者が作る場合などです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 英語のレジュメ入門 All Rights Reserved